GaryWilson|ゲイリー・ウィルソン

0

ゲイリー・ウィルソンの逸話

ゲイリー・ウィルソンの逸話

ゲイリー・ウィルソンは1953年にニューヨークの北に位置するエンディコットという町で生まれた。この町はエンディコット・ジョンソン靴製造会社の創業地で、地名はこの会社に由来している。またIBM社の創業の地でもあり、整理―・ウィルソンの父もまた、IBMで働いていた。ゲイリー・ウィルソンの父は日中はIBM社で働く傍ら、夜はバス・プレイヤーとして、ホテルのラウンジバンドの一員として週に4日ほどホテルでその腕前を披露するという生活を約25年にわたって続けていた。ゲイリーはこんな父の姿を見ながら成長し、バス、ドラム、ピアノ、チェロといった楽器をまったくの自己流で奏でることができるようになった。ゲイリーが初めてバンドに参加したのは9歳のことだった。この時彼は父と同じバス・プレイヤーとしてバンドに加わった。そしてその翌年、初めての作詞する。12歳になるとテープレコーダーにどんどん自作の曲を吹き込むようになる。ゲイリーはビートルズやロックンロールに傾倒しながら、独自の世界観で曲を作り、精力的にバンド活動を行うようになる。ここからゲイリー・ウィルソンの伝説が始まっていく。